英語上達の手引き♪
英会話なび

英会話の必要性、子供の英会話、大人の英会話、英会話教室の選び方、留学についてなど

フォニックス
日本語は「あ」と書けば
「あ」と読みます。

言葉はこれら
五十音の組み合わせですね。

英語は「A」は「エー」と読みます。
例えば「Dog」、
これは「ディー」と「オー」と「ジー」の組み合わせです。

ですが「ドッグ」と読みますね。
だから混乱します。

フォニックスとは、
「アルファベット」のもう一つの読み方です。

a(ェア)
b(ブ)
c(ク)
d(ドゥッ)
e(エ)
f(フ)
g(グ)
h(ハ)
i(イ)
j(ジュ)
k(ク)
l(ル)
m(ム)
n(ン)
o(オ)
p(プ)
q(クヮ)
r(ゥル)
s(ス)
t(トゥ)
u(ア)
v(ヴ)
w(ウヲ)
x(クス)
y(ィヤ)
z(ズ)

もちろん、
これだけで全ての英単語が
発音出来るわけではありません。

しかし、
読める幅は大きく広がります。

こどもに英語を教える際、
これを取り入れると
さらに自然に身に付くはずです。

UP▲

~児童英会話へ
~TOPへ


Copy right(C)
英会話なび
All Rights Reserved.